Ps速習001_ファイル作成~初回保存

Adobeフォトショップの使い方説明です。
第1回

新規ファイル(カンバス)の作成

Photoshopを起動。
「ホーム画面」左上から「新規ファイル」ボタンをクリック。
「新規ドキュメント」ボックスが表示されます。

「新規ドキュメント」ボックス上部で「印刷」「Web」などの「用途」を選択。
「プリセット」から「A4」「Web大」など「サイズ」を選択します。

フォトショップ基礎講座
ホーム画面の左上
フォトショップ基礎講座
「新規ドキュメント」の「用途」と「サイズ」

画面右側「プリセットの詳細」から用紙の「方向」を選択。
希望のサイズがプリセットにない場合、手動でサイズを入力します。

例)インスタ用のスクエアサイズにしたい場合。
幅1080、高さ1080、単位はピクセルのまま。

今回は例として用途「Web」、サイズ「Web大(1920×1080)」。
方向「横」で進めていきましょう。

この「1920×1080」は地デジ放送などの動画で使われる一般的な解像度です。
横:縦の比率、アスペクト比は「16:9」。
解像度とアスペクト比に関しては、別の機会に記事を用意します。

最後に「新規ドキュメント」ボックス右下の「作成」ボタンをクリック
新規ファイルに真っ白なカンバスとレイヤー1(もしくは背景レイヤー)が作成されます。
カンバスとはPhotoshopでの作業領域や印刷範囲だと思ってください。

名前をつけて保存

新規ファイルには、まだ名前がないので名前をつけて新規保存しましょう

Photoshop画面上部「ファイル」メニュー>「別名で保存」>「コンピュータ」>「コンピューターに保存」をクリック。
クラウド上に保存することも可能ですが、まずはパソコン内に保存しましょう。

「ファイル名」を決めます。
制作物の名前+バージョンや日付、私の場合は解像度を追記したりします。

例)「20220908○○温泉画像」、「ホームページ画像用1920×1080」など。
差し支えなければデスクトップに保存してください。
後々はフォルダを作成して整理していきましょう。

初めて名前を付けて保存する時は「ファイル」メニューから「別名で保存」。
次回、上書き保存する時は「ファイル」メニューから「保存」です。

「保存」のショートカットキー、コマンド(Ctrl)+「S」キーで細めに保存しましょう。

保存したファイルの拡張子は「.psd」でフォトショップのプロジェクトファイルです。
プロジェクトファイル(PSD)とは作業用の管理ファイルです。
制作作業が完了したらPSDファイルから「書き出し」を行い「JPG」「PNG」などの画像ファイルを作り出します。

PSDファイルの閉じ方と開き方

保存したPSDファイルを閉じてみましょう。

Photoshop画面上部に「ファイル名」が表示されています。
複数のファイルを開いている時は「ファイル名」がタブ形式で横に並んでいきます。
ファイル名の右端の「×」ボタンでファイルを閉じられます

「×」ボタンの左に小さな「*」マークがある場合は最終保存されていません。
コマンドSで上書き保存しましょう。

フォトショップ基礎講座
ファイル名の右端の「×」と「*」
フォトショップ基礎講座
Photoshop画面の右上の「×」

ファイルを「×」で閉じるとフォトショップは起動したままファイル単体を閉じることができます。
Photoshop画面の一番右上の「×」ボタンを押すと、ファイルとPhotoshopを同時に終了します
制作作業を終了する時は、上書き保存してバツっと終了して大丈夫です。

次にPSDファイルの開き方です

(おそらく)デスクトップに保存したPSDファイルをダブルクリック
ファイルとPhotoshopが同時に立ち上がります。

新規ファイル作成、名前をつけて保存、「×」で閉じる。
ファイルをダブルクリックで開く。
一般的なパソコンソフトと全く同じですね!

以上、また宜しくお願いします!

#Photoshop #フォトショップ #オンライン授業 #パソコン教室 #やはパソ