フォトショップ実践001_湯気を作成

Adobeフォトショップの実践例です。
第1回。

フィルター>雲模様1を使う

画像配置、レタッチ済みです。

①「画像レイヤー」の上に空白の新規レイヤーを追加します。
レイヤー名を仮に「雲模様」として解説していきます。

フォトショップ基礎講座
先にレタッチを済ませます
フォトショップ基礎講座
雲模様1フィルターを実行

②「描画色と背景色」を初期設定(黒/白)にします。

③雲模様レイヤーにフィルター効果をかけます。
「フィルター」メニュー>「描画」>「雲模様1」を実行。
「湯気」のもとになる「雲」がかかりました。

「描画色と背景色」が「黒/白」以外の色になっていると、カラー雲になりますのでご注意ください。

雲を調整して切り抜く

「雲模様レイヤー」を少しぼかしてから「切り抜き」ます。

④上記レイヤーを選択し、「フィルター」メニュー>「ぼかし」>「ガウス」を実行。
「ガウス」の半径を「10.0」にしてみました。ダマが少しなじんだ感じです。
やらなくても大丈夫かもしれません。

フォトショップ基礎講座
「ぼかし」>「ガウス」で雲を少し散らします
フォトショップ基礎講座
湯気が欲しい部分を範囲選択

「湯気」が欲しい部分を「選択」し「切り抜き」ます。
得意な選択ツールで好きな部分を切り抜いてOKです。
今回は「クイック選択ツール」でどんぶりをザックリ選択。
「多角形選択ツール」でどんぶりの上を追加選択しました。

⑤「レイヤーパネル」のボタンで「レイヤーマスク」します。
欲しい部分以外を隠します

雲を形成して湯気にします

フォトショップ基礎講座
「レイヤーマスク」で仮想切り抜き
フォトショップ基礎講座
「指先ツール」

切り抜いた「雲」がクッキリしています。
「指先ツール」でこすって「湯気」っぽく形成していきます

⑥「指先ツール」はブラシツールと同じようにブラシ半径や強さを調整して使います
今回は「ソフト円ブラシ」を使います。
「ブラシツール」と異なる点は、上から描くのではなくこすってかき回す感じです。

「オプションバー」の「フィンガーペイント」にチェックを入れると、「描画色」も乗っかってしまいますので、チェックははずしておいてください

⑦「レイヤーパネル」で「レイヤーアイコン」をクリック選択。
「湯気」がたちあがるようにこすって形成します。
ゴシゴシ・・・、今回は良い感じにできました。

フォトショップ基礎講座
「レイヤー」を選択してこすって形成していきます
フォトショップ基礎講座
「レイヤーマスク」を選択して境界線も形成して完成

「レイヤーマスク」の境界線がクッキリしたままです
「レイヤーパネル」で「レイヤーマスク」をクリック選択して、境界線が自然になるように形成します。
「指先ツール」で「黒/白」のままで大丈夫です。
はい!完成しました。

以上、次回もよろしくお願いします!

#Photoshop #フォトショップ #オンライン授業 #パソコン教室 #やはパソ

TOPページ