Ps速習003_フォトショップとAdobeCC

Adobeフォトショップの解説です。
第3回。

Photoshopの役割

画像加工を中心にいろいろな用途に使えます。活用フィールドは人それぞれです。

大きな役割は
①高画質印刷のための画像の修正や合成
Web・SNSや紙媒体制作のためのグラフィックデザイン
動画制作のための文字テロップやタイトルデータ作成
このあたりかと思います。

Photoshopでは造りづらいベクターイラストはIllustratorで作成します。
イラレで書いてフォトショでまとめて、Premiere Proに持っていって動画にしたりします。
Adobeソフトはグルグル連携して制作を進めることができます。
その中でPhotoshopは静止画の画像処理に対して一番強いソフトです。

他のAdobeソフト

Photoshopはラスター系2Dグラフィックで静止画の加工が得意です。
マウスやペンタブでデザインを手書きする場合も、筆タッチや絵画調のイラストはPhotoshopに合います。
ラスターデータは拡大縮小、変形やモード変換をすると、画質が劣化する可能性があります。

Illustratorはベクター系2Dグラフィックです。
ペンで描いたようなイラスト調、クッキリとしたデザインが得意です。
ベクターデータは拡大縮小しても、画質が劣化しないことが特徴です。

Adobe CCプラン

現在、アドビソフトの仕様はサブスクリプション形式になっています。
単体プランとセットプランがあり、中核アプリはCCプランで20種類以上がセットになっています。

個人契約「年間プラン月々払い」の場合、
「CCプラン」は6,480円/月、「単体プラン」は2,728円/月が多いです。
3DCGのアプリなどは「CCプラン」に含まれていなかったりします。

年契約かどうか、支払方法などで利用料金が異なりますので、よく調べて利用しましょう。
レッスン希望のお客様はご相談ください。

以上、次回もよろしくお願いします!

#Photoshop #フォトショップ #オンライン授業 #パソコン教室 #やはパソ